あおと、みどりと Is the earth crying?

オーガニックって何だろう?

ベニシア・エッセイ⑥/ケツメイシ(決明子)

 

目次:

 

「地球は私たちの庭」ベニシア・エッセイ

(一部省略)

 

緑の自然は 人間に多くの恵みをもたらします

花や昆虫やあらゆる動物

花やハーブの癒しの効果を 古代の人はよく認識していました

自然が完璧で神々しいものであることは 心で理解するしかありません

地球上の命あるものは それぞれに大切な役割を担っています

地球は私たちの庭なのです

 

2020年12月13日放送  

庭に遊ぶVol.127 

 

 

 

ケツメイシ(決明子)って?

この日の放送で「エビスグサ」というハーブが出てきます。

ついた豆が褐色化してきたら収穫。それを乾かしてから炒り、普通のハーブティーのように飲むことができます。

 

エビスグサの乾燥した種子は、漢方で「ケツメイシ(決明子)」と呼ばれ、これを使った「ハブ茶」は、高血圧・便秘・胃弱に効果があるようです。

名前の通り、目に活力(明かり)を与えるとされ、眼精疲労や目の充血解消・視力を回復する効果もあるといわれています。

 

 

「はぶ草茶」と「ハブ茶」は違う?

もともと「ハブ茶」は ❝ 波布(はぶ)草 ❞を使用したものでしたが、収穫量が少ないことから現在は❝エビスグサ ❞を使用したものが「ハブ茶」として多く流通しています。

どちらもノンカフェインで、体への作用はほとんど変わらないようです。

 

ハブ茶……エビスグサの種子(決明子)を使用。

はぶ草茶……波布(はぶ)草の茎・葉・花・種を使用。

 

ちなみに、「さくら」という曲でも有名な、アーティストのケツメイシさん。

この名前の由来も、薬草の❝決明子❞のようです。