あおと、みどりと

Is the earth crying?

2022-01-01から1年間の記事一覧

年越しそばの、付け合わせ

昨日は、お昼にお蕎麦を食べました。 ❝ オーガニックのお蕎麦 ❞ というのもありましたが…。 悩んだ末、数ある中から今回は、一番安いお蕎麦にしました…。(たくさん食べるので) めんつゆと長ネギは、オーガニックのものにしました。 付け合わせに、久しぶり…

「ビーツ」を使って

最近スーパーでよく見かけ、気になっていたオーガニックの「ビーツ」という野菜。 ❝ 赤くなるもの ❞、というのは何となく知っていましたが、使い方がわからず手が出ませんでした。 でも値引きされ安くなっていたので、思いきって買ってみました。 見た目はサ…

今年のXmasは

今年のXmas・チキンは、イオンの「グリーンアイ natural 」のものにしてみました。 TOPVALU グリーンアイ natural 純輝鶏ローストチキンレッグ 550円(税抜き) こちらも美味しそうだったので、買ってみました。 純輝鶏 骨なしひとくちローストチキン…

志麻さんのクリスマス料理

「沸騰ワード」を、久しぶりに見ました。 タサン志麻さんのクリスマス料理が凄かったです! 手際や、組み合わせの斬新さはもちろんですが… 家にある、いつも食べている材料なのに全然違うものができてしまったり…。 それほど難しいことをしている訳ではない…

在来作物/静岡県・オクシズ

静岡県 井川地区。 最近はオクシズと呼ばれ、注目されている場所です。 焼畑 オクシズの中で最も在来作物が多く残っているのが葵区井川地区。栽培方法も、山林を焼き、その灰を肥料にする「焼畑農法」を用いています。 在来品種 オクシズには、珍しい「在来…

京都・大原の赤しそ

最高級の赤しそ ベニシアさんの暮らしている、京都・大原の赤しそも「在来品種」といわれています。 大原産の赤しそが 、「最も原品種に近く、色・香・味とも最高級である」という研究発表があります。 理由として、次のようなことが考えられています。 80…

ベニシアさんと、サステナブル

興味深い、ベニシアさんの記事がありました。 2017年9月28日のものです。 (一部を簡単にまとめてご紹介) 目次: 夢見た田舎家暮らし 古民家で暮らすことは、伝統を引き継ぐこと オーガニック・ファーミング その土地に合った植物があり、暮らしがあ…

Venetia's Essay(ベニシア・エッセイ)➃

ハーブという贈り物 夕方近く 緑の稲穂が膨らむ 田んぼの間を歩いていました 太陽は大原の里の向こうに沈みましたが 空は一面 淡いきれいな青色です 非の打ちどころのない美しさにみとれていたら 突然 心がぐさりと痛みました ひどい光景が目に入ったからで…

農薬の種類(!虫のお話!)

一般的に農薬の種類には、どのようなものがあるのでしょうか?? ちらりと見てみます。 登録農薬: 使用基準に従って使用すれば安全であると判断できる農薬を、農薬取締法に基づき登録されたもの。登録されていない農薬は使用できない。 殺虫剤 殺菌剤 殺虫…

忌避植物(!虫のお話!)

このところ、虫に関するお話が続いています。 なぜかというと… 農業と深く関係しているからです。(当たり前ですが) ほとんどの方が苦手だと思いますが、避けては通れないところです…。 オーガニック生産のルールである「有機JAS」では、農薬を使わない…

ベニシアさんの「虫よけスプレー」

目次: 〈ベニシアさんの手作り虫よけスプレーの材料〉 〈作り方〉 除虫菊の蚊取り線香 「猫のしっぽ カエルの手」でお馴染みの、ハーブ研究家・ベニシアさん。 お庭の手入れに"手作りの虫よけスプレー"を使っていました。 「ある意味ね、この自然が、自然の…

ミツバチと、ベニシアさん

2010年7月。 京都・大原で古民家暮らしをしているベニシアさん。 お庭に咲くラベンダーを収穫しながら、ハチのお話をしていました。 「(咲いてるラベンダーを)でもちょっと残して。 例えばハチのために残したいよね。 ハチが喜んできてるから。 やっ…

ミツバチと、農薬

世界各位で、「蜂群崩壊症候群(CCD=Colony Collapse Disorder)」という現象が起きているそうです。 ミツバチが原因不明で大量に失踪する現象で、死骸が見つからない為、失踪とされています。 原因には、ウイルス、殺虫剤、電磁波、ストレス、地球温暖化な…

ミツバチと、蜂蜜

ミツバチは、牛・豚・鶏と同じく畜産物にあたりますが、有機畜産物のJAS規格の対象には入っていません。 なので、今の時点では有機JASマークの付いた日本産 オーガニックハチミツは無いようです。 国産のオーガニック蜂蜜の規格がない、ということは「…

ミツバチは「魚の一種」

『Yahoo.JAPAN SDGs』メールに、気になる記事がありました。 今年5月、米国カリフォルニア州の裁判所で「ミツバチを魚の一種と認める」という判決が下された、という内容です。 カリフォルニア州の環境保護団体が、絶滅危惧種保護法(CESA)のもと、ミ…

オーガニックなおやつ

久しぶりに、白玉だんご粉を買いました。 香川県にある「山清(やませい)」のオーガニック商品です。 目次: 白玉だんごを作ってみよう パッケージの気になるお話 ゆであずきの缶詰と、さつまいも(どちらもオーガニック)も一緒に買ったので、おやつを作っ…

縄文時代の「日時計」

令和3年、世界遺産に登録された『北海道・北東北の縄文遺跡群』。 縄文時代の遺跡から当時の人たちが天体の運行に合わせて生活していたことが解っています。 天文の知識は相当高かったようです。 青森県・三内丸山遺跡 縄文時代前期から中期(約5,900~4,20…

マチュ・ピチュ

南米ペルー、15世紀のインカ帝国の遺跡として有名な世界遺産、マチュ・ピチュ。 ここでも、天体の運行に合わせて、生活していたことが分かっています。太陽の動き、夏至や冬至、春分や秋分などが観測されていました。 儀式を行う為や、農作物の植え付、収…

バイオダイナミック農法

1924年、人智学者のルドルフ・シュタイナーによってドイツで提唱されたのが「バイオダイナミック農法」です。 ❝ バイオダイナミック ❞ とは「生命体が持つ力」という意味。 農薬や化学肥料を一切使わず、太陽や月など天体の運行に合わせ農作業を行い、動…

フェアトレードとは?

最近イオンで、可愛いハートのイラストが付いた商品を見かけます。 セイロン ウバ紅茶(グリーンアイオーガニック) コーヒー(グリーンアイオーガニック)と、チョコレート 「FAIRTRADE」と書いてあります。 どんな意味があるのでしょうか? フェ…

植えた野菜の切れ端・その後 ②

目次: リボベジ 植えている切れ端たち リボベジ 以前は捨てていた、オーガニック野菜の切れ端。 土にさしてみると意外と育ってくれます。(ありがとう!) こういうのを「リボベジ」というようです。 (再生野菜=リボーンベジタブルの略) 成長が遅めな野…

大分県・下郷農協

有機農業宣言 人口およそ1500人の、大分県耶馬渓町(やばけいまち)。 かつて「下郷村」と呼ばれた地域に、有機農業宣言の農協「下郷農協」があります。 ここは土地が狭く、大規模農業ができない山の中。 土地を持たない小作農たちにより、1948年(…

徳島県/ゼロ・ウェイストと、葉っぱビジネス

四国で、もっとも人口の少ない町として知られている徳島県・上勝町(かみかつちょう)。 今、とても注目されていることがあります。 葉っぱビジネス ここは「つまもの」のための植物栽培に取り組んだ、初めての町。なんと、市場に出荷される「つまもの」の7…

香川県・うどん発電

香川県高松市。讃岐うどんが有名です。 ここでは破棄することになってしまったうどんは、なんと!電気に生まれ変わるそうです。 メタン発酵発電プラント このプラントでは1日およそ300kwの電気が作られます。 もともとは、うどん工場で一日4トンも廃棄う…

サステナブルと、SⅮGs

サステナブルと、SⅮGs。 よく聞く言葉ですが、どんな意味なのでしょうか? 少し調べてみました。 「サステナブル」は、「世界全体で、美しい地球を保ち続けるための設計や仕組みを考えること」。 「SDGs」は、「そんなサステナブル社会を実現するため…

長崎県・五島列島のSDGs 

今、朝ドラで注目の長崎・五島列島。 ここは、SDGsへの取り組みがとても進んでいます。 目次: 福江島 海に浮かぶ風力発電 大切なシンボル・つばき 福江島 五島市には、❝この自然環境を次世代に残したい❞ という強い思いがあります。 環境を良くしようという…

植えた野菜の切れ端・その後 ①

先日、土にさし込んだオーガニック野菜の根っこの切れ端。 特別なことは何もせず、時々水をあげたり、声をかけたり、顔を見たり(?)したくらいで…。 10日ほどたって、今はどうなっているかというと… 小松菜は結構丈夫で、それなりに育ってくれています。…

自然農法・福岡正信さん

ベニシアさんのエッセイ「瑞穂の国」に出てくる、福岡正信先生という方を少し調べてみました。 福岡正信さん 1913年 愛媛県伊予市生まれ。 著書:「わら一本の革命」など 自然農法わら一本の革命新版 [ 福岡正信 ]価格: 1320 円楽天で詳細を見る 急性肺…

Venetia's Essay③/鞍馬炭(くらますみ)

目次: 「瑞穂の国」ベニシア・エッセイ 鞍馬炭(くらますみ) 「瑞穂の国」ベニシア・エッセイ (一部省略) 瑞穂(みずほ)の国では お米が 生活の中心です わたしも カマで稲狩りのお手伝いをしながら 遠い昔のことを思い出していました 1972年の夏 わた…

「有機」北里八雲牛(きたさとやぐもぎゅう)

「有機」北里八雲牛とは? 2009年に日本で初めて「有機JAS畜産」の認証を取得した肉用牛。 北里大学八雲牧場(北里大学獣医学部付属フィールドサイエンスセンター八雲牧場)で飼育されているようです。 北里八雲牛は、2種類 ✅『北里八雲牛』 生産者…