あおと、みどりと Is the earth crying?

オーガニックって何だろう?

インパクトレシート

 

今まできちんと読んだ事がなかった『Yahoo! JAPAN  SDGs』のメール。

でも今回、気になる記事がありました。

 

衣服の値段ではなく、本当の環境コストが書かれたレシート」という記事です。(2022.6.29)

 

この記事によると…

 

「スウェーデンのAsketというブランドが、販売する衣服に特殊なレシートをつけるキャンペーン"The Impact Receipt"

値段ではなく実際にかかる環境負荷を書き込み、責任ある買い物について考えてもらう取り組み。

レシートには、購入したアイテムの「原料生産、素材製造、製品製造、仕上げ、輸送」といったそれぞれの工程の「CO2インパクト(kg)、水(㎥)、エネルギー(mJ)」の内訳で、合計部分には商品の「真のコスト」と書かれている。」

 

ASKET公式サイトには…

「❝サステナビリティをスキップ。変化の責任を持つことにトライ。

これらの事実をあなたと共有します。あなたは、身にまとう衣服の真のコストを知る必要があるからです。得体の知れないものを口に入れないのと同じように、服でもそうすべきではありません。その行為は、無責任です。

The Impact Receiptは、単なる取引ではなく、ASKETの商品にお金をかけるときの合意を意味します。自分の持っている影響を知ってください。買う量を少なくし、一つの製品を長く使ってください。」

 

と書かれているようです。

 

 

 

実際に「ASKET」のHPを覗いてみました。

 

このレシートは「インパクトレシート」というようです。

「GOODBYE GREENWASHING(さよならグリーンウォッシング)」という記事で載っています。

さらに「100%オーガニックコットンを手に入れるための苦労」という記事もありました。

 

そして衣類を自分でお手入れ修理して長く着ようということが書かれています。衣類の洗い方や洗剤、ボタンの縫い方(動画付き!)、シミの種類別の取り方など細かく書いてあります。

 

 

自分で選んだ衣類をこんな風に大切にしていこうというのは、とても新鮮です。でも当たり前のことなのかもしれません。

 

 

これまで「衣服と環境負荷」について、あまり考えたことはありませんでした…

 

知らないだけで日本にもこのようなブランドがあるのかもしれません。