あおと、みどりと Is the earth crying?

オーガニックって何だろう?

※本サイトはプロモーションが含まれる場合があります

【オーガニック珈琲】北海道 炭火焙煎のデカフェ

 

先日、北海道のFMラジオ局 FMノースウェーブによる、『第3回 北海道お土産グランプリ North Wave Selection 2014-2025』が開催されました。

審査のポイントは〝北海道のお土産定番になれるか?〟。

その中で、一般食品部門で金賞を受賞した〝オーガニック珈琲〟があります。

 

目次:

 

<一般食品部門 GOLD PRIZE(金賞)>

北海道焙煎 オーガニック珈琲(レギュラー/カフェインレス)

株式会社グランバース

https://granverse.shop-pro.jp/

 

北海道焙煎 オーガニック珈琲 レギュラー

珈琲豆は、自然環境にやさしいオーガニックのものを使用。

最近はガス焙煎が主流となっているなか、北海道 森町産の木炭を使い、あえて手間暇のかかる炭火焙煎を行っています。

炭火焙煎をすることで、遠赤外線効果により豆の芯まで熱が伝わり、雑味の少ない味わいになるのが特徴です。

 

北海道焙煎オーガニック珈琲 カフェインレス

オーガニックでカフェインレスの珈琲を生産しているのは、世界中でもメキシコ産だけ。

メキシコ最大の山〝Piko de Orizaba〟を源泉とする水を使用し、マウンテンウォーター製法でカフェインを抜いています。薬品を使わない「水抽出法」で安心して飲めるデカフェです。

炭火焙煎でじっくり焼いた豆は、遠赤外線効果によってカフェインレスとは思えない深い味わいに。

99.90%カフェインレスの証明書を取得。カフェインレスにする方法には、塩化メチレン・酢酸エチル・超臨界状態二酸化炭素で除去などがあり、一番安全なのが「水抽出法」がです。

カフェインが苦手な方、夜カフェインを取ると眠れなくなる方、妊婦さんなどにおすすめです。

 

株式会社 グランバース

グランバースは、はお茶の田辺商店として誕生。北静岡県掛川市出身の先代が「北海道に新鮮で美味しいお茶を届けたい」という想いからスタートしました。

人間が生きていく上で最も大切なことは、何がなくても健康であること。世界中の皆様が心身ともに健康で幸せに過ごすための縁の下の力持ちを目指しています。

 

 

 

【グルテンフリー】お豆100%!ゼンブ ヌードル

 

糖質制限やダイエットのために、ごはんや麵を我慢するのはツライもの。

いつもの主食をちょっと代えて、美味しく食べて健康に。

そんな想いから生まれた ZENB(ゼンブ)シリーズです。

 

目次:

 

ZENB(ゼンブ)

ZENBは「ミツカン」の社内ベンチャー。10年後の人と社会と地球の健康のために始動した、新たな食のプロジェクト。

 

ZENBのこだわり

✔ 原料は〝黄えんどう豆〟100%

✔ グルテンフリー(米・小麦を不使用)

✔ 植物繊維・植物性たんぱく質が豊富

✔ 低糖質

 

 

スーパーフード 「黄えんどう豆」

あらゆる食物を試し、たどりついたのが「黄えんどう豆」。海外ではポピュラーな食材で、北欧やロシアでは古くから食べられていました。

豆は窒素肥料を多用せず栽培できるため、環境負荷の少ない食生活にもつながります。

 

黄えんどう豆の特徴:

  • 小麦や精白米より糖質が低い
  • 食物繊維、植物性たんぱく質が豊富
  • 脂質が少ない
  • 加工しても酸化しにくい
  • 遺伝子組み換え品種も存在しない

 

 

世界初!

黄えんどう豆を使ったロング麺は世界初。研究開発に3年。増粘剤などのつなぎを使わず、食感やのど越しの良さも実現しました。

 

素材〝まるごと 〟

普段捨てられがちな野菜の皮・芯・種。ここには実の部分以上に豊富な食物繊維や、ポリフェノールが含まれています。可能な限りまるごと使い、素材本来のおいしさを引き出すことにこだわりました。

 

地球にやさしい資材

商品のパッケージには、使用済みPETボトルを再利用するメカニカルリサイクルPETの活用や紙資材を使うことで、プラスティック原料を削減しています。

 

 

ZENBの約束
  • 味覚に影響する食品添加物を不使用(甘味料・酸味料・調味料・苦味料・香辛料抽出物・香料)
  • 素材そのものの栄養成分のみ
  • 動物性原料は不使用
  • すべての原料について、契約書・保証書で食品衛生法の残留農薬等ポジティブ制度の合致を確認